2010年05月17日

吉祥寺店

吉祥寺店

1946年4月。父富男が22歳の時、武蔵野市吉祥寺本町1-7-4に出店。現在吉祥寺通りと呼ばれているようですが、僕たちは公園道りと呼んでいた比較的大きな通りに面していました。屋号は「福島綿店」。綿や夜具地の販売や打ち直しの請負が主な仕事です。集配手段は自転車に板をくくりつけたものから、ホンダのバイク、そして三輪のミゼットへとめまぐるしく変わっていきました。画像-11

 私は1954年この地に生まれました。ここの2階で寝起きしていた記憶があります。

その後1960年、野村證券が出店するに伴い立ち退き、同じ通りの吉祥寺本町2-3-14に移転します。
扱い品目もわたから寝装品全般へと変わり、屋号も「福島屋」と変えました。私が小学校1〜2年の頃のことです。
 並幅の生地から広幅の綿サテン全盛時代となり、マットレス・ふとんカバー・合繊ふとんもよく売れたようです。
         



tommyhatsuyume at 23:13│ ★当店の歴史 
■店舗案内■

本物のふとんだけを
    取り扱っていきたい。
睡眠は健康の源です。
眠りを大切にして下さるお客様の為、当店は素材と寝心地にこだわり、睡眠や寝具の勉強を怠らず、一人一人のお客様に最適なおふとんをお届けします。

店主 福島康雄
詳しくは【業務案内】へ!



営業時間:10時〜19時
定休日:水曜日
住所:〒206-0003
    多摩市東寺方1-8-39
TEL:042-374-4567
FAX:042-374-4567
■ギャラリー■
  • 2018秋冬 トミー初夢 「寝るが一番」
  • 2018秋冬 トミー初夢 「寝るが一番」
  • 組子ベッドと畳ベッド
  • 牛窪ゼミ同窓会
  • 西川合併
  • ブレスエアー敷ふとん