2010年05月16日

聖蹟桜ヶ丘に開店

            画像-19          1970年(昭和45年)父は聖蹟桜ヶ丘に出店しました。私が高校1年のときです。屋号について家族会議らしきものがあって、「福島屋」か「トミー初夢」かの二者択一だったのですが、新しい若い街には後者がふさわしいのではないかと決定したのです。
 幸いにも、翌1971年は60年に一度の紫ふとんブームが訪れ、店の運営は軌道に乗り、父はこの土地で商売をしていく自信と勇気を得たようです。

画像-12







 私は立教大学社会学部を卒業後、螢錺魁璽襪貌社、4年間京都本社勤務を経験し、1981年(昭和56年)家業として,この店を継ぐ為この地へ戻ってきました。
 この頃は,木綿わた全盛時代。「良いわたを、良い仕立てで作った良いふとんを販売する」。それが信用であり、新わたも打ち直しも大変忙しく、働けば働くほど結果が伴う、考え方もシンプルで良かった時代が4〜5年ありました。
 1985年(昭和60年)頃になると羽毛ふとん、羊毛ふとん、ムアツふとんカバーリングなど、新しい高機能商品も広く取り扱うようになり、寝具専門店として当店の考え方も「睡眠と寝具のプロとなり、良い寝具を通して、地域のお客様に快適な睡眠を提案する」。 と変化してきました。
 店作りが時代に合わず、大改装を1988年(昭和63年)に行うこととなります。 

tommyhatsuyume at 20:21│ ★当店の歴史 
■店舗案内■

本物のふとんだけを
    取り扱っていきたい。
睡眠は健康の源です。
眠りを大切にして下さるお客様の為、当店は素材と寝心地にこだわり、睡眠や寝具の勉強を怠らず、一人一人のお客様に最適なおふとんをお届けします。

店主 福島康雄
詳しくは【業務案内】へ!



営業時間:10時〜19時
定休日:水曜日
住所:〒206-0003
    多摩市東寺方1-8-39
TEL:042-374-4567
FAX:042-374-4567
■ギャラリー■
  • 2018秋冬 トミー初夢 「寝るが一番」
  • 2018秋冬 トミー初夢 「寝るが一番」
  • 組子ベッドと畳ベッド
  • 牛窪ゼミ同窓会
  • 西川合併
  • ブレスエアー敷ふとん