2014年08月12日

たかがカバーですが・・・

いま、布団のお手入れ時期ということもあり、お店に羽毛ふとんの持ち込みがありました。

「ごろごろしていて、暖かくないから直してほしいの。」と、お客様。

そのふとんを、店のベッドの上に載せとところ、分厚く、小さい印象。
布団カバーを取り外し、ベッドの上に載せると、問題なさそう。
片寄りもなく、ボリュームもちょうどいいように見える。

「原因は、カバーじゃないですか。こんなに縮んだ小さいカバーに無理やり羽毛ふとんを入れるから、コロコロになってしまい、肌沿いも最悪になってるんですよ。リフォームでなく、カバーをお求めいただければ解決しそうですね。」

結果、超長綿の無地カバーを約6.000円でお求めいただき、その羽毛にセットすると、見違えるような羽毛ふとんとなりました。

リフォームのつもりがカバーだけで解決で、お客様は大喜び。

カバー


こんなことって、ふとん屋やってるとよくあります。

化繊のカバーや起毛化繊カバーが、羽毛ふとんにフィットせず、ズルズルになってしまっていたり

敷ふとんを、小さなカバーに無理やり入れるから、中でわたがアコーディオン状に変形し、寝心地が悪くなる原因となっていたり。

収縮の少ない上質の綿100%のカバーで、ふとんの寸法にきちんと合ったものを使いましょう。

廉価な純綿カバーは恐ろしく洗濯収縮があるので要注意です。

どんなに、高額、高級なおふとんでも、カバー一つで簡単に台無しになりまよ。




tommyhatsuyume at 12:14│ ●よくある話 
■店舗案内■

本物のふとんだけを
    取り扱っていきたい。
睡眠は健康の源です。
眠りを大切にして下さるお客様の為、当店は素材と寝心地にこだわり、睡眠や寝具の勉強を怠らず、一人一人のお客様に最適なおふとんをお届けします。

店主 福島康雄
詳しくは【業務案内】へ!



営業時間:10時〜19時
定休日:水曜日
住所:〒206-0003
    多摩市東寺方1-8-39
TEL:042-374-4567
FAX:042-374-4567
■ギャラリー■
  • 2019秋冬「寝るが一番」
  • 2019秋冬「寝るが一番」
  • 台風19号
  • キャッシュレス還元事業
  • キャッシュレス還元事業
  • キャッシュレス還元事業