2014年08月16日

秋冬本格シーズンへ向けて

お盆休みも明日で終わる方が多いのかなと思います。
盆休みが終わると、ふとん屋はもう冬モードに入ります。

僕は、そのスタートを切るときの環境整備にこだわります。

お休み一日目、店舗の外壁を水で洗う。
外壁 (693x1024)

屋上の水道より、ホースで水を引き、店頭、側面、裏と雑巾できれいに汚れを落とす。
外壁はマットでなく、コート材を使っているので、とてもきれいになります。ただ、店頭の二階部分は結構怖いのです。看板の上までハシゴで登り、張り出したひさし部分に脚立を載せ、上から順番に水拭きをしていくのです。

店頭部分が北向きの為、放置すると、カビのような黒い汚れが付く可能性があり、それが嫌で、毎年頑張ります。

二日目、床です。きれいにワックスを落とし、クリーナーが残らないようきれいに何度も水拭きし、よく乾燥させてワックスを三回、丁寧にかけるのです。
床 (1024x1024)

何が大変かというと、机、イス、ベッドや什器の移動です。
そして、古いワックスの剥離作業。
これを怠り、ワックスを重ね塗りしていくと、とても汚くなってしまうので、真剣です。

三日目、体はかなり疲れていますので、比較的楽な看板の清掃、ワックスがけ。
看板 (914x911)

雨だれや、藻のような汚れをふき取っていきます。
仕上げは軽くワックスをかけて完了。

外壁、床、看板、忙しくなってからでは、到底できない作業を今やっておきます。

普通じゃないなと、自分でも思うのですが、シーズン前の儀式のようになっています。

明日からは日常業務に戻ります。

tommyhatsuyume at 20:13│ ★店長日記 
■店舗案内■

本物のふとんだけを
    取り扱っていきたい。
睡眠は健康の源です。
眠りを大切にして下さるお客様の為、当店は素材と寝心地にこだわり、睡眠や寝具の勉強を怠らず、一人一人のお客様に最適なおふとんをお届けします。

店主 福島康雄
詳しくは【業務案内】へ!



営業時間:10時〜19時
定休日:水曜日
住所:〒206-0003
    多摩市東寺方1-8-39
TEL:042-374-4567
FAX:042-374-4567
■ギャラリー■
  • 国内洗浄羽毛の肌ふとん
  • 肌掛けふとん・合掛けふとん
  • 肌掛けふとん・合掛けふとん
  • 肌掛けふとん・合掛けふとん
  • 夏掛けふとん
  • 夏掛けふとん