2018年09月15日

牛窪ゼミ同窓会

先日、ゼミの卒業生宛てに、同窓会の案内が送られてきた。

同期のU君が、琉球大学の教授になり、今日、立教大学で彼が講演をするという。英語で・・・。
何はともあれ、彼の凱旋講演は出席すべきだろうと20分遅れで、会場に入る。
後ろの席はいっぱいで、最前列に座った。
講演資料

しかし、なんと教授となった彼は、気合の入ったとおる声で、出席者に質問したり、設問を読ませたりと真面目に進行させているではないか。もちろん問答はすべて英語・・・

「まさか、俺にあてはしないだろうな。俺の語学力は彼もよく知っているはず。あてたらただじゃすまないぞ!俺は外資系に勤めた人間じゃないぞ。俺はふとん屋だ。」
「卒業以来、俺は自分に投資などできていないのは知ってるだろ。」

心の叫びもむなしく。なんとあてられた。信じられない!!

数行読むのに、どれだけあっせったか。

講演は適当に参加して、懇親会で旧交を温めようとのもくろみは、見事に粉砕された。
こんなに緊張する40分は久しぶりだ。

彼とは、高校時代ボート部で一緒になったことがあり、大学では体育会空手部(僕は少林寺拳法部)ゼミが一緒と青春時代がかなり被っている。

彼は、大学教授というだけでなく、産業経営学科長等を歴任後、今は琉球大学副学長兼理事に就任しているという。

今回、世話人となったのは、同期のエース I君、日立製作所に入り、中央研究所に勤務していたことは知っていたが、あれから30数年、役員となっている頭脳明晰な男だ。全く変わらず、社交的で、熱く、エネルギッシュだ。

困ったことは、僕に同期はともかく、後輩の記憶がとんでいるのだ。よっぽど記憶に残るくらい癖のある人間ならともかく、いい人は記憶に残っていないのだ。N君ごめんなさい。ごめんなさい。

皆がそれぞれの道でそれなりの結果を出しているのは、僕にとっても刺激にもなるし、誇りにも思う。

ただ、講演があっても最前列は、やっぱり危険だ。


tommyhatsuyume at 19:39│ ★店長日記 
■店舗案内■

本物のふとんだけを
    取り扱っていきたい。
睡眠は健康の源です。
眠りを大切にして下さるお客様の為、当店は素材と寝心地にこだわり、睡眠や寝具の勉強を怠らず、一人一人のお客様に最適なおふとんをお届けします。

店主 福島康雄
詳しくは【業務案内】へ!



営業時間:10時〜19時
定休日:水曜日
住所:〒206-0003
    多摩市東寺方1-8-39
TEL:042-374-4567
FAX:042-374-4567
■ギャラリー■
  • 2018秋冬 トミー初夢 「寝るが一番」
  • 2018秋冬 トミー初夢 「寝るが一番」
  • 組子ベッドと畳ベッド
  • 牛窪ゼミ同窓会
  • 西川合併
  • ブレスエアー敷ふとん