★店長日記

2019年07月14日

お安い羽毛ふとん

TVショッピングをはじめとする、通販などで販売される格安羽毛布団や羽毛肌ふとんのほとんどが、ポリエステル系
(ポリエステル85%綿15%、もしくはポリエステル100%)
の側生地を使っている。
一流メーカーや小売店も例外ではない。

宣伝では極力触れないようにしているのがこの側生地のこと。

この生地は綿100%に比べ、生地代が格段に安く,圧倒的に軽量だ。中身の羽毛の品質がいまいちでも、また充填量が少なくとも製品がふんわり仕上がる。
音の発生も少ない。
ウオッシャブルをうたえる。


しかし綿生地に比べ、通気度が悪く(通気度を良くすると羽毛の吹き出しがある)通気性が乏しい、つまり蒸れる。
掛けて滑る。さらさらと滑りカバーとのフィットしにくい。
ふとんが体から浮いた感じで、しっとりと体に沿わない。
乾燥する季節には、静電気の発生によりホコリを吸着させやすい。

以上の欠点を持ってしても、価格的優位性が勝り、今では業界の主流になりつつあるとか・・・

ちゃんとした羽毛ふとんをお望みなら
綿100%の生地を使ったものを
できれば綿100%の細番手の生地を使ったものを・・・

寝具専門店の願いです。










tommyhatsuyume at 14:54|Permalink

2019年05月04日

ひょうが降る

今日、3時ころより30分間にわたり雷とともにひょうが降った。
最初は停電を警戒し、パソコンの電源を切って、のんびり外を見ていたのだがひょうが降り始めた。

なかなか降りやまないどころかひょうがあちらこちらにぶち当たっていろんな方向から飛び散ってくる。
パチンコ玉よりちょっと小さい塊だ。中には直径2冂の強者もある。

店頭ひょう

店は連休後半ということもあって、開店休業状態だからどうってことないが、先日植えた好物のトマトやナス、オクラの状態が心配だ。

慌てて、店舗裏に回る。

ナスは鉢植えだから移動できた。
初期被害で葉っぱに穴が開いた程度ですんだが、我が家の小さな家庭菜園は被害甚大。
菜園1
ひょうにまみれて
葉っぱと枝は折れ、茎までやばいことになっている。
さて、どうしたものか。回復を待つか、新規に苗を手配して植え直すか。

こんなひょう、経験ない。
まいったな。


tommyhatsuyume at 18:59|Permalink

2019年04月28日

頭寒足熱

10連休に突入した。当店は平常通り水曜日(定休日)だけ。
連休初日の昨日は、そこそこのご来店があった。
たぶん、連休前半はお客様のご来店が望めても、後半は開店休業状態になるのではないかと予想している。
普段できない事務所の資料の整理や、商店会の総会資料作りでもしようかな。

ところで最近の温度変化は目まぐるしい。掛けふとんの選択が難しい。
あったかいなと思う日はピマコットン肌ふとんを選択。
ちょっと寒いと予想する日はダウンケットを用意する。
もちろんパシーマも併用だが、結構はずれの日があって、眠りが浅い。調整が必要だ。

妻は足元にハーフケットを用意してあって寒いと足元だけに載せる。

僕も効果を疑問視しながらも、昨日はダウンケットを全面にかけて、足元だけもう一枚加えてみた。
朝まで絶好調。まるでコタツ感覚。胸元は軽く頼りないはずなのにちっとも寒くない。足元が暖かいと確実に体は温まるのだ。足は第二の心臓といわれる所以か。
足元さえ温めると多少の温度変化には十分に対応できそうだ。

そういえば、足元が厚く、襟元に向かって徐々に薄くなっていく掛けふとんを思い出した。
キルティングも足元が大きく襟元に向かって細かくなっていくドイツ製のビラッベックの厚掛けふとんだ。あれも頭寒足熱を意識した商品なんだな。



tommyhatsuyume at 12:43|Permalink

2019年04月07日

2019第38回せいせき桜まつり

今日は、20年に一回くらいのまつり日和。

晴れてあたたか、風もない、桜が満開、三拍子そろった桜まつりは30年近くの経験を持つが本当にまれだ。
演ずるものは、気持ちよく。見るものは楽しく。お店もとっても元気だ。

IMGP0416

半年にわたる実行委員会の苦労も報われたようだ。

今年の桜は長持ち。

しばらく提灯もつけておこうということになった。

桜まつり実行委員会の皆さん、桜ケ丘南口商店会のの皆さんお疲れさまでした。
明日も会場のお片付けがまってますよ!




tommyhatsuyume at 19:35|Permalink

2019年04月06日

2019第38回せいせき桜まつり前日

今日から、3日間 準備・本番・撤退作業とせいせき桜まつりの労役に携わり、桜ケ丘南口商店会の役員は、自らの営業は放棄せざるを得ない状況となる。
IMGP0403


IMGP0407


桜は花冷えもあって何とか明日も満開に近い。
近年まれにみる好条件。
ボランティアできる商店主が激減する中、近隣のリタイア組も応援に駆けつけてくれて何とか今年も体制が整った。
IMGP0411


明日も早朝から、まつりにかかりっきりとなる。
どうせやるなら、みんなに喜んでもらえるものになってほしい。
晴れて、風なく、あたたかく、大盛況に事故なく、いいまつりでありますように。


tommyhatsuyume at 19:24|Permalink

2019年02月12日

同志社大学 I ゼミ学生来店

桜ヶ丘商店会連合会事務局より,同志社大学のゼミの学生が来ていて、商店会について研究しているので話を聞きたいとのこと。
商連会長より、当店がご指名を受け、僕がその任に当たることに・・・

経済学部経済学科の女性2人男性3人の Ī ゼミ2回生のグループだ。
礼儀正しく清潔感あふれる若者たち。

同志社大学も好きだし、ワコール時代は京都にいた縁もあり、地域における商店会の意義、取り巻く現状、抱える課題、これからの方策について精いっぱいお話しした。

商店会もしくは商店街のつかみどころのない実態を、分かり易くお話したのだが、1時間程でよく理解できたとのこと。

商店会員仲間他、関係機関の方々にもほぼご理解いただけないだけに、これからの若者に、少しは役立ったなら幸いなり。

僕の悪い癖、スイッチが入ってしまうと、つい熱くなり、大事なことを聞かない。もしくは聞いたのだが覚えていない。

一体、彼らは、どうして京都からわざわざ聖蹟桜ヶ丘の商店会を調べに来たんだ・・・




tommyhatsuyume at 19:05|Permalink

2019年01月31日

通気性ある高反発がおすすめ

日本経済新聞2019/01/30のスポーツ欄に珍しく、睡眠の記事が載っていたのでご紹介します。
日経スポーツ欄


敷寝具:厚み10cm程度で、高反発(高弾性)、通気性の良いマットレスがおすすめとのこと。

トミー初夢では、従来より一貫して厚み9僂如高弾性=高反発、通気性に配慮された体圧分散マットレスをお勧めしています。

同様の考えをする専門家の方がいらっしゃることは、うれしいですね。



tommyhatsuyume at 18:56|Permalink

2019年01月23日

小売りの輪

日経新聞の記事に、僕が長い小売業の経験上感じていた事柄が明快に載っていました。
「小売りの輪」という理論だそうです。

新しい小売業は革新的なローコスト経営で低価格を実現し、既存業者から市場を奪う。やがて同様の手法の業者が相次ぎ、価格競争が激化する。すると「安さ」だけでは魅力が薄れ、今度は品揃えや接客の充実、店内環境の改善など非価格競争に移る。
価格が上がると間隙を縫って再び低価格を武器とする新しい小売業が誕生する。この繰り返し。
約60年前に米国の学者が提唱した「小売りの輪」の理論だ。新陳代謝、栄枯盛衰を表す。

「また流れが安売りの方か」
「また流れが付加価値創造の方か」

僕が製造小売り業に携わってすでに42年。
交互にこの波がやってくる。

僕はこの流れに乗ることない。
経営のハンドリングが悪いというか、ハンドルを切らないというか、仲間から批判されることもしばしば・・・

「素材にこだわり、寝心地にこだわる。」それに尽きます。
「価格設定は同様の品が他の流通業者と十分に競争力のある価格」であればよい。

必要以上に高価な商品や、低価格を訴求するための低品質商品にも興味がない。

睡眠に良かれというものを揃え、作り、お届けするのです。

良いものがどこよりもお安くご提供できれば最高でしょう。
ただ価格をとるか品質をとるかといわれれば、品質を選ぶし
デザインをとるか素材をとるかといわれれば、素材をより大切にします。

当店は「小売りの輪」の圏外ですね。




tommyhatsuyume at 17:05|Permalink

2018年09月15日

牛窪ゼミ同窓会

先日、ゼミの卒業生宛てに、同窓会の案内が送られてきた。

同期のU君が、琉球大学の教授になり、今日、立教大学で彼が講演をするという。英語で・・・。
何はともあれ、彼の凱旋講演は出席すべきだろうと20分遅れで、会場に入る。
後ろの席はいっぱいで、最前列に座った。
講演資料

しかし、なんと教授となった彼は、気合の入ったとおる声で、出席者に質問したり、設問を読ませたりと真面目に進行させているではないか。もちろん問答はすべて英語・・・

「まさか、俺にあてはしないだろうな。俺の語学力は彼もよく知っているはず。あてたらただじゃすまないぞ!俺は外資系に勤めた人間じゃないぞ。俺はふとん屋だ。」
「卒業以来、俺は自分に投資などできていないのは知ってるだろ。」

心の叫びもむなしく。なんとあてられた。信じられない!!

数行読むのに、どれだけあっせったか。

講演は適当に参加して、懇親会で旧交を温めようとのもくろみは、見事に粉砕された。
こんなに緊張する40分は久しぶりだ。

彼とは、高校時代ボート部で一緒になったことがあり、大学では体育会空手部(僕は少林寺拳法部)ゼミが一緒と青春時代がかなり被っている。

彼は、大学教授というだけでなく、産業経営学科長等を歴任後、今は琉球大学副学長兼理事に就任しているという。

今回、世話人となったのは、同期のエース I君、日立製作所に入り、中央研究所に勤務していたことは知っていたが、あれから30数年、役員となっている頭脳明晰な男だ。全く変わらず、社交的で、熱く、エネルギッシュだ。

困ったことは、僕に同期はともかく、後輩の記憶がとんでいるのだ。よっぽど記憶に残るくらい癖のある人間ならともかく、いい人は記憶に残っていないのだ。N君ごめんなさい。ごめんなさい。

皆がそれぞれの道でそれなりの結果を出しているのは、僕にとっても刺激にもなるし、誇りにも思う。

ただ、講演があっても最前列は、やっぱり危険だ。


tommyhatsuyume at 19:39|Permalink

2018年09月13日

秋冬に備えて

今日、サラフパットシーツをお求めいただいたお客様がご来店された。
冷房があまり好きでなく、27度以下に設定すると、体調がすぐれないとのこと。
この点は僕と一緒。
今年の異常な暑さでエアコンに頼らざるを得ないが、28〜29度の設定でもサラフを使用すると調子が良かったとのこと。
体と敷寝具との間に、空気層を設け、通気をよくするというシンプルな発想のシーツをとても評価されて、夏の終わりに嬉しい報告をいただいた。

8月は、思ったより忙しい。
7月末決算ということもあり、8月は僕にとって、新年を迎えるようなもの。
これから始まる、秋冬シーズンに備え、万全の用意をする。

お盆休みは、店舗の床磨き、ワックスがけ、外壁・屋根・看板の水洗い、ついでに営業車やソーラーパネルもしっかり洗う。
これで晴天でも3日かかる。
まず、自らを清めるところから始まるわけだ。
核になる部分から仕上げないと、納得いかないのが僕の性分だから仕方ない。

そして日頃あたためてきた、当店の必要とする品揃え、サービス業務、価格、販売方法の策定。
仕上げは、各メーカーさんとの打ち合わせ、数量、納期の確認。
この辺で8月も終わる。

商品の写真どりと、チラシ作り。他店やネットとの競合もあり、価格には細心の注意を払う。
チラシには、当店の生き方が反映される。
これに目途が付くと、もう9月も半ばだ。

ふとんやの本番は、彼岸明けから。
風が吹いたとき、しっかり受けられるよう、帆を張る作業はしばらく続く。







tommyhatsuyume at 17:07|Permalink
■店舗案内■

本物のふとんだけを
    取り扱っていきたい。
睡眠は健康の源です。
眠りを大切にして下さるお客様の為、当店は素材と寝心地にこだわり、睡眠や寝具の勉強を怠らず、一人一人のお客様に最適なおふとんをお届けします。

店主 福島康雄
詳しくは【業務案内】へ!



営業時間:10時〜19時
定休日:水曜日
住所:〒206-0003
    多摩市東寺方1-8-39
TEL:042-374-4567
FAX:042-374-4567
■ギャラリー■
  • 国内洗浄羽毛の肌ふとん
  • 肌掛けふとん・合掛けふとん
  • 肌掛けふとん・合掛けふとん
  • 肌掛けふとん・合掛けふとん
  • 夏掛けふとん
  • 夏掛けふとん