★店長日記

2020年06月20日

ウソみたいなホントの話

 コロナ禍で2月より始まった自粛生活。3月4月5月と来店客も激減、寝具業界の展示会も中止で動きもなく、僕もご多分に漏れず公私いろいろ整理を始めたのですが、貴重な写真が出てきました。

 多分50数年前。僕が小学校の4,5年生〜高校1年生の頃(1966年〜1970年)のものだろうと思います。

2020-06-20.1初夢神社

 V9時代のスター選手を吉祥寺の店に招いて、初夢神社なるものをつくり、サイン会や節分の豆まきイベントを催したようです。

2020-06-20.3名店会館


 僕は小学生なのに、大事な試合で勝利した日には、吉祥寺駅の売店まで行ってスポーツ新聞を買って読むほどの巨人ファンでしたが、リアルな選手に会うのが嫌だったのか恥ずかしかったのか、近くにいながら会場には行きませんでした。。 
 ノリの悪さ、イベント嫌いは当時からなのかもしれません。子供ながらにお客様である主婦層に野球というのがピンとこなかったことは覚えています。

 このほか、新宿コマ劇場を会社単独で借り切って「江利チエミショー」を開催し、お得意様を招待した時の写真も出てきました。チエミさんも吉祥寺店の近隣にお住まいで、母とはちょっとした交流があったようです。

 この会社、祖父がつくり、父と伯父たちで経営していたもの。その後、父は49年前に退社して関係は無くなるのですが、当時の寝具業界の力量というのはすごかったんだなと改めて感じます。

 古い手紙や写真って、つい見入ってしまいます。なかなか仕分け作業が進みません。



tommyhatsuyume at 19:01|Permalink

2020年05月24日

自粛生活の日々

 2月末より本格的に始まった、イベントや営業活動の自粛要請から約3カ月が経過した。首都圏の非常事態宣言は、まだ継続中だが来週あたりに解除がありそうだ。

 当店は、休業要請対象業種ではないが、ゝ拔汎を多くする。営業時間の短縮する。M菘垢鯊イ好船薀慧販促活動は控え、最低限の需要にこたえる営業活動に徹する。づ稿發望弾捻佞鮴瀉屐⊆蠕い、マスク着用、換気に注意などの努力をしてきた。

 寝具業界では、〜乾瓠璽ーが秋冬シーズン展示会を中止。当店の担当者はテレワークのみ(物流関係者は除く)、みな公共交通機関は利用せず。

 商店会活動においては、桜まつりの中止、営業活動の自粛要請、総会の中止と書面表決の採用、やむを得ない会議には換気、ソーシャルディスタンスの確保を実行してきた。開催、招集の案内を出したら、やっぱり中止だと代替え案を連絡したりで、仕事が減ると思いきやそうでもない。自治会も同様の動きをしている。

 個人的には、1月より入会したゴールドジム。いつになったら再開にこぎつけるやら。今月の米国ゴールドジムの破綻には驚かされたが、FCの国内ゴールドジムには影響がないようで一安心。しかし、スポーツジムの休業要請が解けるのは最後の段階になるようで、業界が持つか心配。レナウンの破綻もあった。昔から売り上げは大きくとも利益の出にくい体質であった。学生時代、山手通りに本社があってアメフト部の友人と会社説明会に行ったことがある。今でもアクアスキュータムは大人っぽくて、素材、縫製もていねいで気に入っていただけに今後が気になる。是非とも再生して欲しいものだ。

 当店の業績はあたりまえに惨憺たるもの。人のことを言っている場合ではない。せめて自分自身の心身を整えようと、この二カ月、毎晩多摩川の土手沿い7kmを走り、未来に備えている。

 

tommyhatsuyume at 16:53|Permalink

2020年03月18日

子供たちのパンフレット

先日、近隣の小学校三年生が総合学習で来店したのはご紹介した通り。
昨日、先生より、生徒さんが作ったパンフレットを持参いただいた。
それがこれ

子供たちのパンフレット-1

かわいいですよね。
一生懸命にトミー初夢の特徴を訴えてくれる。

「眠りは大事。」
「敷ふとんと枕が寝心地を決める。」
「ふとんをいろいろ体験できる。」
「天然繊維と人工資材がある。」
「ふとん屋の裏には、屋根裏のある秘密の場所がある。」
「福島康雄さんという人がやっている。いい眠りを届けてくれる。」



地図やイラストを交えて頑張って作ってくれた。
小学三年生の皆さん、ありがとう。

今回の校外学習では、桜ヶ丘南口商店会の明神橋周辺のお店をを調べて回ったようなのですが、個性的な店主が多いですから多様性というか、いろんな人がこの町で生きているんだなと体感してもらうことが皆さんの一番の収穫だと思いますよ。



tommyhatsuyume at 16:04|Permalink

2020年03月12日

異常事態

WHOが新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)を認定した今日、組子ベッド製造元の蠢躑傭戎斛存さんより旗が届いた。

新型コロナウイルスに勝つ「十分な睡眠」組子ベッド
である。

まさに、こんな時ほど、きちんとした睡眠をとって自身の免疫力を向上させたいものだ。
当店の普段の活動が、お客様のお役に立っていることを願いたい。

学校は休校となり、地域イベントはもちろん、人が集まる文化、スポーツ、芸術活動も休止に追い込まれている。

すべての社会活動に自粛が求められて2週間が過ぎ、さらに10日間の延長が必要とのことだ。
そのあとだって楽観できない。

ストレスがたまり、生活のリズムが崩れることで多免疫力の低下を招き体調を崩すのが心配される。


組子ベッド十分な睡眠免疫力向上






tommyhatsuyume at 18:09|Permalink

2020年02月17日

オリパラフラッグ

コロナウイルスが世の中を騒がしくしているなか
昨日、雨の中オリンピックパラリンピックフラッグがやっと掲揚された。
今月から9月中旬までの予定だ。
オリパラフラッグ1-1
 
桜ヶ丘南口商店会の街区には44本の街路灯がある。
そのすべてにフラッグをお願いしたのだ。

今回のフラッグの取り付けはうまい。

下の紐の部分だ。
フラッグがまっすぐ下に降りるようポールとの取付が丁寧だ。
紐によってポールとフラッグの距離がきれいに保たれる。
僕らが取り付けたり、アルバイトさんにやっていただくと、ここがだらしなくなるのだ。
実に参考になる。

ただ、デザインが地味でしかも種類が多いので目立たず、街に同化してしまっているようだ。
一種類でいいからシンプルでビビットなものが欲しかったと個人的な感想。


オリパラフラッグ

ともかく、今年はこのフラッグたちが街区を飾る。
通勤や通学の方、地域の人々の生活のステージを彩るのだ。

このフラッグを取り外す時、TOKYOオリンピックが無事終了していることを願うばかりです。




tommyhatsuyume at 17:41|Permalink

2020年01月30日

総合学習 小学生の御来店

季節外れのあたたかい一日、近隣の小学校の3年生20名の来店から始まった。
総合学習ということで、地域の商店会の店舗を回り、その町の魅力を地域に伝えようという趣旨のお店訪問だ。
迎えるこちらも大変、店内をきちんと整備し、一般のお客様を迎える以上にきれいにする。
いすもあるだけ並べたが12脚程度、あとは組子ベッドに座ってもらうようだ。

別棟の倉庫にはお試し用に敷布団を5種類用意しておいた。


店内様子

小学生の勉強会は経験済だが、今回は20人、総勢23名の大所帯。
いつもと勝手が違い、こちらからの一方通行になってしまう。

もともと僕は話下手。
大学生でも小学生でも話す内容は、ほぼ同等。
伝えたい内容が同じなのだから仕方ない。
難解だからつまらなくて当然だろう。

小学生でも5〜8名のゼミナール方式だと何とかなるのだが・・・

しかし、別棟の布団仕立て場兼、倉庫に案内すると、男子中心に一転して元気になる。

倉庫一階





















敷ふとんの寝心地の違いを知ってもらおうと思ったのだが、テンション倍増でとても無理。
ふとん屋のバックヤードの一部を知ってもらう程度の成果。

倉庫二階

















いつも思うのだが、きれいに整えた店内より、布団の仕立て場や作業所二階の薄暗い倉庫に目を輝かす。
何かのワクワク感があるのだろう。
ものを作る空間や気配か。

かえって売り場を、コストのかからない倉庫のようなものにしたほうがお客様も楽しかったりして・・・
僕の考える理想の売り場は勘違いなのかもしれない。
 

tommyhatsuyume at 19:01|Permalink

2020年01月27日

「今お使いの敷布団にのせるだけ」にご注意!

先日、敷ふとんをお探しのお客様がご来店。
かなりの腰痛に悩まされているとのこと。

当店のふとんを眺めながら「ずいぶん、いいお値段ねえ。」とおっしゃる。
品揃えは9,800円からあるのだが・・・

お客様の敷布団に対する思い込み価格が、かなり低く、僕が提案しようにも自由がきかない。

「いろいろあるけど腰だったらキャップロールですけど試してみませんか。」
価格のことはは置いといて、機能中心にご提案した。
とりあえず良いものを知っていただかなければ始まらない。

試していただくとずいぶんあっさりとお気に召していただいた。
「これ、95,000円に消費税ですけど・・・」

「高額なものだから、2〜3泊お試しになってからのほうがいいですよ。」
「お試し用を持参しますから、その時、現状を拝見させてください。」

僕のほうが慎重になってしまう。

伺ってみると、ポケットコイルのしっかりしたベッドにオーバーレイタイプの敷ふとんが載せてある。
「のせて使えばいいって宣伝してるから。」

しかし腰痛の原因となっているのは、基礎になっているベッドマットレスのようだ。
中央が2〜3冂世鵑任い襪茲Δ妨える。
「どうもこのマットレスがゆがんでいるからじゃないですか。ゆがんだものに何か載せても、やっぱりゆがみますよ。」

せっかくのポケットコイルマットレスだが、詰め物のウレタンがへたっているのが腰痛の原因になっているようだ。
よくスプリングの上の詰め物に、厚いウレタンや低反発のウレタンを使っているものが見受けられるが、いいのは最初のうちだけで、へたりは早いように思う。

和室にキャップロールでお試しいただき、お客様には最大の効果を発揮したようで、三日目には大変喜んでいただき、正規商品を納品させていただいた。

お客様の動きも格段に良くなり、悪いのはカラダじゃなくて、ゆがんだベッドにあったことがわかる。

「今、お使いのベッドや敷布団に乗せるだけ!」のキャッチコピーで販売されてる商品、ベースが歪んでいれば、何を乗せたって良くなりませんよね。









tommyhatsuyume at 19:06|Permalink

2020年01月20日

開店50周年

昭和45年(1970)年、大阪万博が開催された年の秋、トミー初夢は武蔵野市吉祥寺から多摩市聖蹟桜ヶ丘に開店した。
店名も「福島屋」から「トミー初夢」に変更した。
僕が15歳の時だ。
あれから50年になろうとしている。

ところで、年末年始と商店会の感謝祭セールや賀詞交歓会他、行政への申請書の提出、桜まつりの準備など本業以外にも忙しいのだが、何とか目途がついてきたので、今日は店ののれんを付け替え、心機一転、今年の10月を迎えれば50周年だ。
遅ればせながら頑張っていこうと思った次第・・・

暖簾2

まず、古いのれんを外し

新しいのれんに付け替える
暖簾1

2011年より9年間で、3枚目。
藍色の綿生地に、初夢のHをイメージした円の中に夢を入れるトミー初夢の象徴のロゴマークを縫い付けたものだ。
染めではない。
のれんというより陣幕のような恰好だが気に入っている。
店頭に布があると無機質でなく、風にゆれたり、営業やってる感もあってイイ。


作るのが大変なので、妻には敬遠されるのだが、なんだかんだで創作旗やのれんを6〜7枚は作ってもらっている。

ただしもう作ってもらえそうもないので、色あせた古いのれんを染色し、再生させようと思っているがうまくいくかな。






tommyhatsuyume at 18:05|Permalink

2020年01月19日

パシーマ価格改定

龍宮蠅離僖掘璽泙3月1日より価格改定という連絡を受けた。

要は、値上げ。

原材料、運賃、人件費の高騰で企業努力だけでは吸収できないということなのでしょう。

取り扱い店舗としては心苦しく、歓迎すべき内容ではないのですが事前にお知らせします。

       新価格 ↓
2020パシーマ新価格表

上記のように大体、1枚それぞれ1,000円アップになるそうです。

そろそろ替え時かなと、こころあたりのある方は、2月中にお求めになったほうがいいですね。













tommyhatsuyume at 18:27|Permalink

2019年11月04日

お安い羽毛ふとん

TVショッピングをはじめとする、通販などで販売される格安羽毛布団や羽毛肌ふとんのほとんどが、ポリエステル系
(ポリエステル85%綿15%、もしくはポリエステル100%)
の側生地を使っている。
一流メーカーも例外ではない。

宣伝では極力触れないようにしているのがこの側生地のこと。

この生地は綿100%に比べ、生地代が格段に安く,圧倒的に軽量だ。中身の羽毛の品質がいまいちでも、また充填量が少なくとも製品がふんわり仕上がる。
音の発生も少ない。
ウオッシャブルをうたえる。


しかし綿生地に比べ、通気度が悪く(通気度を良くすると羽毛の吹き出しがある)通気性が乏しい、つまり蒸れる。
掛けて滑る。さらさらと滑りカバーとのフィットしにくい。
ふとんが体から浮いた感じで、しっとりと体に沿わない。
乾燥する季節には、静電気の発生によりホコリを吸着させやすい。

以上の欠点を持ってしても、価格的優位性が勝り、今では業界の主流になりつつあるとか・・・

ちゃんとした羽毛ふとんをお望みなら
綿100%の生地を使ったものを
できれば綿100%の細番手の生地を使ったものを・・・

寝具専門店の願いです。










tommyhatsuyume at 17:21|Permalink
■店舗案内■

本物のふとんだけを
    取り扱っていきたい。
睡眠は健康の源です。
眠りを大切にして下さるお客様の為、当店は素材と寝心地にこだわり、睡眠や寝具の勉強を怠らず、一人一人のお客様に最適なおふとんをお届けします。

店主 福島康雄
詳しくは【業務案内】へ!



営業時間:10時〜19時
定休日:水曜日
住所:〒206-0003
    多摩市東寺方1-8-39
TEL:042-374-4567
FAX:042-374-4567
■ギャラリー■
  • 2020年 「寝るが一番」春夏キャンペーン
  • 2020年 「寝るが一番」春夏キャンペーン
  • ウソみたいなホントの話
  • ウソみたいなホントの話
  • 営業時間を短縮します。
  • 子供たちのパンフレット