●睡眠

2016年11月07日

免疫のはなし

先日、車の6ヶ月点検で、待っているとき婦人画報に、興味深い記事が載っていました。
睡眠と免疫に関する大事なお話なので、割愛することなく以下に、全文をそのまま記載します。

私たちが毎日元気に過ごせるのは、身近にある様々な病気に対して「免疫」という体の防御システムが働いているからです。免疫は私たちが生まれながらにして持っている、実にありがたいシステムですが、免疫の低下や暴走によって引き起こされる病気があることも知られています。リウマチ膠原病の診療に携わる岡田正人先生に、免疫についてお話を伺いました。

話し手:岡田正人先生(聖路加国際病院リウマチ膠原病センターセンター長)
聞き手:馬場典子さん(フリーアナウンサー)

知っているようでいるようで知らなかった「免疫」の話
馬場:免疫とは、そもそもどのような仕組みなのか教えていただけますか?
岡田:免疫は、体内に侵入してきた細菌やウイルスなどの外敵を攻撃することで、体を正常に保つ防御システムです。普段はあまり意識していないかもしれませんが、体の表面を覆う皮膚、粘膜、唾液、涙などは免疫の最前線で重要なバリアとなっています。外敵が侵入してくると第一段階では私たちに生まれつき備わっている「自然免疫」が働きますが、自然免疫で対処しきれない場合には、抗体をつくって特定の外敵を攻撃する「獲得免疫」が働く仕組みがあります。
馬場:はしか(麻疹)などは一度かかると二度とかからないと言われるのも、獲得免疫と関係しているのですか?
岡田:そうですね。最初にかかった時にその情報が記憶されるので、再び同じ病原体が侵入してきた場合には、素早く攻撃して症状が現れないうちに治るということなのです。この仕組みを利用しているのが、ワクチンによる予防接種です。

「がん細胞がつくられても、がんにならない」のカギを握る免疫の仕組み
馬場:免疫は感染症に対するイメージが強いのですが、がんのような病気に対しても免疫は働くのでしょうか?
岡田:免疫システムは、細菌やウイルスなどの外敵だけでなく、もともとある正常な細胞がなんらかの原因で遺伝子に異常が起きて発生するがん細胞も自分ではないもの(非自己)として、常に監視しています。自己と非自己は、細胞表面にあるHLA(ヒト主要組織適合抗原)というものを目印として識別されます。正常な細胞では合計6個の遺伝子から構成されるHLA型が、がん細胞のHLA型では不足したりしてすることで、非自己と認識され攻撃されるのです。私たちの体内ではがん細胞が日々つくられていますが、免疫によってその増殖は抑えられているのでほとんど発症しないというわけです。
馬場:それは、以外でした。健康でいられるのも、免疫がしっかり働いているおかげということなのですね。
岡田:その通りです。免疫力が低下するとがん細胞を見つけ出して攻撃する力が弱まるためにがん細胞は増殖し、がんを発症する可能性が高くなります。ですので、日頃から免疫力を維持しておくことが大切ですね。

免疫力を維持するためには、十分な睡眠を
馬場:免疫力を維持するためには、普段どのようなことを実践したらよいのでしょうか?
岡田:免疫の状態を正常に保つには、十分な休息が必要です。極端な肉体的疲労も精神的な疲労でも、72時間でリセットできるといわれています。しかし、本当は疲れすぎる前に、努めて十分な睡眠をとることをお勧めします。というのも、1日の消費カロリーが2,000kcalだとすると免疫系はそのうちの500kcalを消費し、しかもその働きが最も活性化するのは夜中の12時以降と考えられているのです。
馬場:なるほど、睡眠が重要なのですね。免疫力アップには、体を温めたり食事に気をつけたりといった話も耳にしますが、そうしたことはいかがでしょうか?
岡田:一般的に良いと言われていることは、ほとんどが正しいと思います。ただし、それがだれにとっても必要かというと、そうとは限りません。運動、禁煙、水分補給、休息など基本的なことを心がけ、規則正しい生活を送ることが肝心です。

免疫の異常によって起きる病気”関節リウマチ”とは?
馬場:免疫は、体の防御システムである一方、免疫の異常により引き起こされる病気があるとお聞きしました。
岡田:本来、攻撃するはずのない自分の体の中の成分を非自己とみなして攻撃することで様々な症状が出る病気は、膠原病(自己免疫疾患)と呼ばれています。30代から50代の女性に多い「関節リウマチ」もその一つで、自己抗体がつくられ関節の内部で炎症が起こり、進行すると軟骨や骨が壊れてしまう病気です。
馬場:どのような人が関節リウマチになりやすいのですか?
岡田:我々の研究で、女性15,000人の健康診断で抗CCP抗体という抗体を調べたところ、陽性者の3人に1人はその後、関節リウマチを発症することがわかりました。陽性者の全てが発症するわけではありませんが、抗CCP抗体は関節リウマチの早期発見に役立つマーカーとして注目されています。
馬場:関節リウマチが疑われる症状にはどのようなものがありますか?
岡田:関節リウマチは手のこわばり、手足の指の付け根の痛みや腫れなどの症状から始まります。こうした症状は日常生活に大きく支障がないと放置しがちなのですが、関節リウマチの診断や治療は飛躍的に進歩しており、症状が出てから3ヶ月以内に専門施設を受診していただければ、早期に症状が改善し長期的にも進行を抑えられることが多くなりました。まずは、関節リウマチという病気について多くの方に知っていただき、症状に気づいたらできるだけ早く受診されることが重要です。
馬場:関節リウマチの早期発見・早期治療のためには、「病気について知る」ということが大切な第一歩なのですね。
免疫


免疫2

僕なりのまとめと感想
  • 免疫は、体内に侵入してきた細菌やウイルスなどの外敵を攻撃することで、体を正常に保つ防御システム。
  • 私たちの体内ではがん細胞が日々つくられてるが、免疫によってその増殖は抑えられているので、ほとんど発症しない。
  • 免疫の状態を正常に保つには十分な休息が必要であり、疲れすぎる前に十分な睡眠をとることが大事。
  • 消費カロリーの四分の一が、免疫系に使われ、その働きが最も活性化するのは夜中の12時以降と考えられる。つまり睡眠時。




tommyhatsuyume at 13:02|Permalink

2015年02月08日

ふとんの中の微気象

1日8時間、無意識の世界にヒトは遊ぶ。
このとき包み込んでくれるふとんの中に、
微妙な気象のミクロコスモスがあった。


ふとんの中ではキミが太陽
 
 地球のまわりを大気がとりまいている。暖かい空気は膨張して上昇する。冷たい空気は下降する。風が起きる。渦が生まれる。高気圧と低気圧が移動し、停滞し、衝突すると、大気に含まれる水蒸気は、さまざまにふるまう。雲となり、雨を降らせる。あるいはカラリと晴れ上がる。
われわれはその姿に応じて傘を用意し、天気予報に毒ずく。これを気象という。太陽からのエネルギーを受けて、地球と大気と水が複雑に変化する。
 この気象に対して微気象というものがある。たとえば劇場内の微気象では「舞台風」という現象が知られている。幕があくと、舞台から客席に向けて冷たい風が吹くのだ。客席には体温36.5度C前後の観客が多数座っている。観客たちにあたためられた空気は上昇する。舞台は、照明の熱気を考えに入れたとしても客席にくらべれば冷たい。だから舞台から客席へ風が吹く現象がおきる。海岸に吹く「海風」と同じ理屈だ。
 さて、今回の話題は「ふとんの微気象」である。話はさらに小さい。小さいけれども、寝床の中も一種のミクロコスモスである。地球のかわりにふとんがあり、空気と水があり、それを暖める太陽がある。寝床の中では人間が太陽にあたる。もっとも、ふつうの太陽と違って、熱のほかに、水分を放出する、水源でもあるのだが。
 晴れた日が気持ちがいいように、ふとんの中の天気もここち良さに大きな関係があるはずだ。ふとんの微気象を探るのならば、人間にとって快適な温度と湿度の条件は何で、それを保つにはどうすれば良いか、それが第1の疑問となる。
 実際の天気ならば、見るだけでわかる。ふとんの中の天気は見ただけではわからない。実はそこが問題なのだ。はたして自分は、秋晴れのふとんの中で寝ているのか、それがわからない。ふとんの中はどしゃぶりの雨なのに、どうも寝心地が悪い、とボヤキながら寝ているときもあるだろう。みただけでわからないから気がつかないのだ。あなたのふとんの中の、天候を知ることは、快眠と健康へつながるのである。

1985年12月号科学雑誌Quarkに掲載された、サイエンスライター皆川正夫氏の睡眠研究のレポートの序章である。睡眠を科学することの必要性を見事に表現されています。

ちょうどその年、鳥居鎮雄教授(東邦大学)川島美勝教授(横浜国大)を中心に、産学一体の第一回睡眠化学シンポジウムが開催された。

そして第7回が開催されたのち1992年(平成4年)「日本睡眠環境学会」が立ち上がった。




tommyhatsuyume at 19:04|Permalink

2008年05月05日

体圧分散

体圧分散って最近良く聞きます。これは、敷寝具の機能の一つです。

もし貴方が、とても硬い敷ふとんに寝ていたとしましょう。

敷ふとんとの接地部分が少なく体重は頭、肩、腰、かかと部分に集中します。

当然痛いし血行を阻害します。

だから体圧を分散させ、全体で体重を支え、血行を妨げず、しかもしっかり体を支える敷ふとんが求められているんですね。

ムアツふとん、快圧ふとん、 健圧ふとん、キャップロールなどが有名です。

でも硬いふとんや、硬いマットレスの上にやわらかめのふとんを乗せることでも体圧分散になります。

要は、上層部でソフトに体を受け止め、下部でしっかり支えるのが敷ふとんの大事な機能なんです。

せんべいぶとんが体にいいと、広く信じられていますが、僕はとても疑問なんです。
体圧分散機能のほか、保温、除湿機能も忘れないでほしいですね。
寝心地を決めるのは、敷寝具です。ベッドも同様。

自分に合った敷ふとんで爽快な朝を迎えましょう。

 

 



tommyhatsuyume at 19:59|Permalink

2008年05月04日

寝床内気候

寝床内気候って知ってますか?

自然界と同じように、寝床の中にも気候があるということです。

湿度は50%くらい 

温度は体温よりチョット低い33度くらいがとても気持ちいいんですね

自然界では太陽と海が熱と湿度の源です。

ふとんの中では、自分のカラダが熱と湿度の発生源。

熱帯も極寒もありますよ

さわやかな気候にしたいですよね

だから、おふとんの大事な仕事は、

体から発せられた熱はゆっくりと内から外へ伝えていく

                [ あたたかいという事です。]

体から発せられた水分はすばやく外へ放出する

                [ ムレないということです。]

以上2点はふとんの基本的機能です。

そろそろ、暖かでからっとした天気が続きそうです。

冬ものは良く干して合いもの、夏物と入れ替えて、

快適にお過ごし下さい。

 

 

 



tommyhatsuyume at 16:37|Permalink
■店舗案内■

本物のふとんだけを
    取り扱っていきたい。
睡眠は健康の源です。
眠りを大切にして下さるお客様の為、当店は素材と寝心地にこだわり、睡眠や寝具の勉強を怠らず、一人一人のお客様に最適なおふとんをお届けします。

店主 福島康雄
詳しくは【業務案内】へ!



営業時間:10時〜19時
定休日:水曜日
住所:〒206-0003
    多摩市東寺方1-8-39
TEL:042-374-4567
FAX:042-374-4567
■ギャラリー■
  • 夏のシーツ
  • 東洋紡ブレスエアー「B-AIR PRO」浅尾繊維オリジナル
  • 東洋紡ブレスエアー「B-AIR PRO」浅尾繊維オリジナル
  • 東洋紡ブレスエアー「B-AIR PRO」浅尾繊維オリジナル
  • 東洋紡ブレスエアー「B-AIR PRO」浅尾繊維オリジナル
  • 代え難い寝心地